豆知識ウェーイ

豆知識や雑学の興味深い知識をゆるーくお伝えします。

終活アドバイザーってどんな資格?終活カウンセラーとの違いは?メリットは?

   

「婚活」や「就活」などいろいろな「○活」がありますが、最近よく耳にする「終活」はご存知ですか?
いわゆる人生の幕をおろすための活動なんですが、今その「終活」の専門家が増えてきているんです。

・「終活」の専門家って?


昔なら、亡くなる前からそんな相談縁起でもない、と嫌煙されそうな話題でした。
しかし最近は、積極的に自分の最期を考える人が増えてきたそうです。

でも自分がいなくなったあとの心配と言うと、お葬式やお墓、もしあるなら財産に関することくらいに思いますよね。
ところが専門家の方によると、案外事前準備することで残された人たちのためになることが結構あるそうなんです。
そこで、まずは「終活」の専門家とはどんな名前で呼ばれ、どんなことをしてくれるのかを簡単に見ていきましょう。

<終活カウンセラー>
一般社団法人終活カウンセラー協会が認定している、民間資格のことです。
終活について、漠然とした不安や悩みを抱えている方の話を聞き、各分野の専門家との橋渡しをしてくれます。
資格には『初級』『上級』『インストラクター』と段階があり、それぞれに講習や試験に合格することで所得できます。
また講習の講師には、弁護士・税理士・社労士・フィナンシャルプランナーなどの国家資格者がいるので、
その内容も信頼性のあるものとおもわれます。

つまりは、終活における相談窓口的な役割をもっているのが「終活カウンセラー」と言えそうです。

<終活アドバイザー>
NPO法人終活アドバイザー協会が認定している、こちらも民間資格になります。
資格所得にはユーキャンの通信講座を受講する方法を取っています。
ユーキャンの資格説明には
【人生の後半期における総合的なライフプラン設計をサポートする】
となっています。

専門家への橋渡し的なことは明記してありませんが、法に関することや税金などは専門家の裏付けが必須なので、
やはりこちらも、終活カウンセラーと同様な業務内容と思われます。

その他「終活○○」とつく専門職はいくつかありますが、上記のような理由から、
専門家との橋渡し的な内容と推測されます。

・終活の内容やメリットは?

では、どのような内容をアドバイスしてくれるのか、相談するメリットは何かを見てみましょう。

まず内容としては、
【相続】【葬式】【墓】などの死後の相談
【介護】【保険】【遺言書】などの将来的な相談
などが多く寄せられるものとなっています。

その他、健康面でのことやペットのこと、もしも両親が健在ならその両親の今後なども相談に乗ってくれるそうです。

そこで相談された内容に関して、的確な専門家を紹介すると言うだけでなく、親族間での事前打ち合わせの提案や、
介護や健康面であれば、施設案内や自宅のリフォームの提案など、その回答はまさに個人によって様々。

生きているうちに自分の死を考えると憂鬱になる人もいるかもしれません。
しかし、終活と行うことでより残りの人生が楽しくなったという方もいらっしゃるんです。
そんな「終活」におけるメリットとは、大きく3つあげられます。

メリット1 気持ちの整理がつけられる
一度自分の人生を省みることで、先延ばしにしていた問題に気づいたり、漠然とした不安の正体をしれたりと、
人生のターニングポイントとしてのきっかけになります。

メリット2 残されるものの負担の軽減
なるべく故人の希望に沿った終わりをむかえさせてあげたいと思った時、前もっと自分の希望を伝えておけることで、
自分もですが、残された人たちも迷いや揉めることなく故人を送り出してあげることができます。
また、遺言書などの大げさなものでなくても、エンディングノートに記しておくだけでもかなりの負担減になります。

メリット3 残りの人生をより良くしようと前向きになる
「死んだ気になって」とよくいいますが、まさにその通りです。
自分の死を見つめることで、残りの時間をいかに有意義に過ごすかという前向きな気持になれます。
死の準備をすることで不安や悩みを早々に解決でき、悔いのない時間を過ごせる様になるんです。

終活をすることのメリットばかりをご紹介しましたが、終活というのはなかなか納得の行く結果を出すまで時間がかかります。
自分の人生を振り返り、残していくものの幸せを願い、ベストな方法を導くには、何度も迷ったりするのが当然です。
アドバイザーと感覚が合わないと思ったら別の人を探すのもいいと思います。
「終活」と一括りにしなくても、個別に専門家を尋ねるのもありだと思います。

もし可能であれば、自分の最期を決める前に、ぜひ大切な人たちにその想いを伝えてみてください。
今まで見えてこなかった、絆を感じることができるかもしれません。

 - 豆知識